お盆と植物

今日は8月15日、暦の上では月遅れ盆と呼ばれる日です

地域によって「お盆」の期間はまちまちですが、

この機会に、家族そろってお墓参りに出かけた人も多いはず(*^-^*)

その時に、お墓や仏壇にホオズキをお供えしていたのを目にした方、多くないですか?

ホオズキは仏花の代表的な植物のひとつですよね

では、なぜホオズキが仏花として扱われるようになったのか??

花の少ないこの時期に、数少ない鮮やかな色ものをお墓に供えたとも言われていますが、

一般的には、お盆に帰ってくるご先祖様を迎え入れる「ちょうちん」に見立てている

と言われています。

ホオズキは漢字で書くと「鬼灯」、「灯(あかり)」という字が入っていますね☆

そして「鬼」という字には、「亡くなった方の霊」という意味もあるそうです

まさにお盆とホオズキは切っても切れない関係というわけです

ご先祖様の目印になるように、縁に飾ってみるのもいいかもしれませんね(。・ω・。)

P1080791