クリスマスローズ特集 ☆特別編☆

2014年に入ったかと思うと、

あっという間にもう2月。。。。

ドタバタと過ぎ去った1月でした(汗

それにしても、2月に入ってからのこの陽気!

お店のほうではお昼に20度を超える暖かさ♪

この勢いで春に・・・とはいかないですよね(´∇`;)

 

さて、今回は原種系のクリスマスローズをご紹介!

クリスマスローズの魅力にますますハマりつつあなたへ。。。

↓ ヘレボルス “アーグチフォリウス”

P1100416

葉っぱの形と色が特徴的です

↓ ヘレボルス “リヴィダス”

P1100415

こちらも葉っぱが特徴的!

30センチほどまでしか成長しない、矮性種です

↓ ヘレボルス ”ステルニー”

P1100413

上の「アーグチフォリウス」と「リヴィダス」の

交配によって誕生した品種! 暑さにも強いです!

どの品種も一番の特徴は葉っぱでしょうか?

まだ苗の状態なので、どんな花が見られるかは

咲いてからのお楽しみ☆

ただ!高知は気温が1年を通して暖かいので、

おもにヨーロッパなどの涼しい地域が原産の

原種系クリスマスローズにとっては、少し過酷な環境かも。。。゚(゚´Д`゚)゚。

もちろん、管理する場所や株(品種)によって差があるので、

気になった方はお店にてお尋ねを。。。

クリスマスローズを育てることに少し自信がついてきた中級者さん!

ぜひ、おためしあれ゚ヽ(´∀`。)ノ゚