ペラルゴニウム!

P1100818

見てください!!

とってもオシャレだと思いませんか?(o⌒∇⌒o)

この植物は「ペラルゴニウム」!

前回紹介したゼラニウムの仲間です☆

大きな違いはありませんが、一般的にペラルゴニウムの方が

花が大きく、色や模様にもバリエーションがあります!

ただし、ほぼ周年お花が楽しめるゼラニウムと異なり、

主に春から夏にかけてのみに咲く「一季咲き性」が強いです

つまり、今の時期でしか手に入りにくいということ!

室内でも楽しめるので、とってもオススメです!

下の写真はペラルゴニウムのビオラという品種

小輪でたくさんの花を咲かせます(〃∇〃v)

 P1100873

春の植物も入荷してます!

今日は寒い!

気温が上がったり下がったり・・・

みなさん体調は崩されていないですか?

こんなに急激に気温が変動するのは、植物にとっては

かなりのダメージに。。。(泣

高知は暖かい地域ですが、寒暖差が激しいので、

植物管理に注意が必要です!

さて、そんな中でも、春らしい植物は続々入荷しています♪

今回はゼラニュームをご紹介!

P1100807

P1100813

 P1100811

P1100815

↑ 星咲き☆の品種です

ゼラニュームは古くから親しまれており、

丈夫で育てやすいだけでなく、挿し木でもどんどん増えていくことから

高知では大変人気の植物です

自分は小学生の頃、校庭の花壇に植えられていたこの植物の葉を

ベタベタと触って、あの独特のにおいが1日撮れなかったのを覚えています(汗

しかし、最近では品種も改良されて、

無臭のものも多く出回っています

むしろあの強い香りのするものの方が珍しいかも!?

ほぼ1年中お花が楽しめるので、鮮やかな花色が

おうちをパッとにぎやかにしてくれます!

高知では軒下で管理してあげたほうが安心です^^

♥フラワーバレンタイン♥

贈る人も、もらう人も

なんだかソワソワしてしまうこの時期(〃∇〃v)

2月14日にチョコレートを贈る、という習慣がありますが、

しかしこれは日本独自のもので、欧米では主に

お菓子・メッセージカード・その他プレゼントなどを、

男性から女性に贈るのが一般的!

「義理チョコ」でももらえるだけでうれしかった(?)男性にとって、

最近は「友チョコ」、「自分チョコ」など、そもそも女性から男性に、ということすら

無くなってきていることは、少しさみしいことかも・・・(=∩_∩=)

さらに、近年注目されているのは、

「お花を 男性から女性に 贈りましょう」という、フラワーバレンタイン☆

「義理チョコ」 → 「もらえない」 → 「贈る」

男性にとってはなんて悲しい現実。。。

そんな男性に向けた、「フラワーバレンタイン」が近付いているよ~

という、ちょっとしたお知らせでした(;´艸`)

かわいいサボテン!

クリスマスローズもたくさんご紹介したので・・・( ̄ー ̄;

今回は他の植物たちもご紹介☆

寒いこの季節、なかなかお庭の手入れに踏み切れません

でも、植物を楽しみたい!そんな方に是非オススメ!

P1100823

サボテンなどはいかがでしょうか?

さすがに、写真のような大きなサボテンをお部屋に飾るのは

ちょっと(かなり?)大変(´ヘ`;)

もちろん、お店には小さなサボテンもありますよ☆

P1100433

P1100434

ちょっぴりユニークなサボテンたち!

「ヒサボテン」に「ウチワサボテン」☆

いかついイメージの強いサボテンですが、

トゲが少なく、またあっても小さい品種もたくさんあります

机の端や窓辺に…

チョコン と置いてみるとカワイィかもヾ( ̄∇ ̄=

クリスマスローズ特集 ☆特別編☆

2014年に入ったかと思うと、

あっという間にもう2月。。。。

ドタバタと過ぎ去った1月でした(汗

それにしても、2月に入ってからのこの陽気!

お店のほうではお昼に20度を超える暖かさ♪

この勢いで春に・・・とはいかないですよね(´∇`;)

 

さて、今回は原種系のクリスマスローズをご紹介!

クリスマスローズの魅力にますますハマりつつあなたへ。。。

↓ ヘレボルス “アーグチフォリウス”

P1100416

葉っぱの形と色が特徴的です

↓ ヘレボルス “リヴィダス”

P1100415

こちらも葉っぱが特徴的!

30センチほどまでしか成長しない、矮性種です

↓ ヘレボルス ”ステルニー”

P1100413

上の「アーグチフォリウス」と「リヴィダス」の

交配によって誕生した品種! 暑さにも強いです!

どの品種も一番の特徴は葉っぱでしょうか?

まだ苗の状態なので、どんな花が見られるかは

咲いてからのお楽しみ☆

ただ!高知は気温が1年を通して暖かいので、

おもにヨーロッパなどの涼しい地域が原産の

原種系クリスマスローズにとっては、少し過酷な環境かも。。。゚(゚´Д`゚)゚。

もちろん、管理する場所や株(品種)によって差があるので、

気になった方はお店にてお尋ねを。。。

クリスマスローズを育てることに少し自信がついてきた中級者さん!

ぜひ、おためしあれ゚ヽ(´∀`。)ノ゚