キッチンハーブ

今日はみどりの日です。

みどりに日にちなんで今日はこんな植物をご紹介します。

ハーブにはココロと身体をリラックスさせる、効果が期待できます。

オーガニックのスキンアイテムや料理の香りづけにと用途はいろいろ。キッチンやお庭に植えて楽しむなど手軽に取り入れることのできるグリーンです。

こんな日におすすめしたいのがキッチンハーブ

お料理やハーブティー、飾りつけに使えるハーブです。手軽に使えるハーブをキッチンで育ててみませんか?

おすすめは、育てやすいパセリ、ローズマリー、バジルです。

パセリ、いろどりに重宝します。特にお弁当に入れると鮮やかできれいです。庭先に植えている方、結構いますよね。

緑色がきれいなので、キッチンにあってもお庭にあっても鮮やかな上、食することができるのも素敵でしょ。

ローズマリーは、チキンやお魚との相性が抜群で生でも乾燥しても過熱しても香りが残ります。

ほんの少し使うだけでも、ぐっと風味が増しますよ。

次にバジルです。バジルはパスタやピザの時、重宝しますよ。

バジルは水を好み乾燥には弱いので水切れを起こさないよう管理してください。あとは日当たりの良い場所に置いてあげてください。(真夏は窓辺よりレースのカーテン越しがいいです。)

すごくはじめやすいハーブです。

ただし、体調によっては使用していただくには、注意の必要な方もいらっしゃいます。特に妊娠をされている方、香りが強いハーブなどはご注意ください。

他にも、イチゴもおすすめします。イチゴは、食べるのもいいんですけど、葉っぱも実も見た目が可愛いのでお勧めです。

みどりの日、グリーンライフ楽しんでいただければ幸いです。